売上を確保しやすい

ブランド力を育成するのは大変

ある一人の人物が0から店(飲食店など)を興して、事業を軌道に乗せるにはかなりの時間を要します。長い時間をかけてようやく事業が軌道に乗ったとしても、無名でブランド力が低い状態であると、ちょっとした不況などによって一気に客足が遠のく恐れもあります。不況にも負けないブランド力を築くためには広告・宣伝費にお金をかけなければなりませんし、マスメディアに対して取材のお願いをしたりする努力も必要です。もし店の経営を軌道に乗せるのに5年の期間を擁し、特定地域におけるブランド力を築くのに5年がかかるとしたら、売上の安定には10年もの時間がかかります。

しかし、フランチャイズに加盟した場合はその時間を丸ごと省き、最初から高いブランド力の中で安定した経営を行えます。

本部が宣伝をしてくれる

全国展開しているような各分野の巨大チェーン店は、テレビ・雑誌・WEBなどあらゆる媒体を駆使して新商品・新サービスの宣伝をします。個人で店を始めて全て自腹にて広告展開をするのは大変ですが、フランチャイズに加盟していれば直接的に広告・宣伝費を負担する必要はありません。本部が多額のお金を使って大規模な宣伝活動をしてくれるので、加盟店側は何もすることなく事業に集中し、クオリティの高い新商品や新サービスから安定した売上を確保できます。 その他、国内の全チェーンで同時期に行うセールの告知が大々的に行われれば、それにより新しい顧客を開拓できたりもします。そういった意味で、年間を通じて大規模な宣伝活動をしているFC店中心の全国チェーンは、フランチャイズ加盟希望者にとって注目の存在です。