本社からの指導に従う

経営に悩んだら本社に相談して指導してもらおう

フランチャイズに加盟したなら、店をオープンする前に一通りの研修を受けることになります。そこで知識や技術を身に着けても、いざ開店すると研修では学べなかったさまざまな壁に突き当たることもあるでしょう。
そんなときは、本社に相談して指導をしてもらいましょう。本社にはそのための窓口が設置されています。本社も加盟店が減益となったら不利益を被るので、手厚くサポートをしてくれるはずです。このときに、現状や自分の思いを率直に打ち明けるのが重要です。本社はその情報を元に対処法を考えてくれます。
こうして本社から指導が入りますが、なかには納得できない部分もあるかもしれません。しかし、素直に従ったほうが自分のためになります。

本社にはデータが集積している

本社の指導に従うべき理由は、本社には過去に現場で起きた問題事例が集積されているからです。本社の指導はその場でひねり出したような行き当たりばったりのものではありません。過去のデータを元に適切な処置を教えてくれます。過去の経営のなかで、こうした問題のこのような対処を講じたら解決したというノウハウが、本社には詰まっています。
加盟したばかりの頃は、本社の指導に納得できない部分もあるかもしれません。しかし、本社のほうが長年、たくさんの店を見てきているのです。その経験はすべて経営向上のために役立てられてきているのです。自分よりも経験豊かな本社の指導に従っていけば、問題は自ずと解決していくでしょう。適切な指導を受けるためには、自分が抱えている問題を正確に伝える必要があることも忘れてはいけません。